キャッシング用語集『ら〜わ』行

リース
物品・機械・設備などを長期間にわたって賃貸すること。レンタルとリースの主な違いは、賃貸物件の調達手順(事前在庫か、受注か)の違いと、賃貸期間、解約の可否の3点にある。リースの場合は、原則としてユーザーが必要とする物件をユーザーの注文に基づいてリース会社が調達(購入)し、これをユーザーに賃貸するのに対し、レンタルはレンタル会社が事前に汎用性の高い耐久消費財や機械・設備などを購入し、在庫として保有しておき、これを不特定多数の顧客に対し比較的短期間(数日または数週間または数ヵ月)賃貸する。契約期間についても、リースは通常2年以上で原則として中途解約を認めないのに対し、レンタルは中途解約しても使用期間の賃料だけを払えばよい。リースは、大別するとファイナンスリース(金融リース)とオペレーティングリース(賃貸リース)とに分類される。ファイナンスリースは、リース会社が特定の物件を購入して、特定企業に「物融」の形で貸し付けるもので、(1)物件納入(検収)後のメンテナンス等の責任は一切がユーザーに帰する、などの特徴がある。オペレーティングリースは、リース物件の保守、点検、修繕などの責任をリース会社が受け持つもので、一定の予告期間をおいて中途解約が可能。対象ユーザーも。不特定多数の場合が多く、コンピュータ、自動車、建設機械など汎用性が高く、稼働率も高い物件が多い。

利息制限法
金銭消費者における民法上の金利水準の上限を定めた法律。1945(昭和29)年制定、同年6月15日施行・主な内容は以下のとおり。
  • 契約上有効な上限金利は、元本10万円未満年20%、10万円以上 100万円未満年18%、100万円以上15%とする。
  • 上限金利を越える金利であっても任意に支払われたものについては有効とする。
  • 弁済にかかる費用、契約締結にかかる費用以外の受け取る金銭は、名目にかかわらず利息とみなす。
  • 延滞損害金(債務不履行による賠償額)の予定の率は制限金利の1.46倍以内とする(2002年6月出資法改正にともない改正)


リボ団信保険
消費者金融会社の包括契約に付随する団体信用保険制度。契約者が死亡・重度障害などにより返済不能となった場合、残債務を免責するための保険。保険料は消費者金融会社が負担する。大手を中心に中堅規模以上の消費者金融会社の多くが採用している。

リボルビングシステム
 直訳すれば「回転信用システム」。利用金額にかかわらず、毎月一定の金額(ミニマムペイメント)を支払うクレジットカードの決済方法。毎月の支払額をカード会員があらかじめ指定する方式を「定額リボルビング」(例えば、毎月1万円コース)といい、一定割合を前月の利用残高に乗じて返済していく方式を「低率リボルビング」(例えば、毎月の毎月の利用残高×10%コース)という。  「分割払い」との違いは、分割払いが加盟店の店頭で支払回数を指定するのに対し、リボ払いは回数ではなく最低支払額を定めた方式であること、また、分割払いの場合は1つの商品ないしサービスの代金を何回かに分けて支払うが、リボ払いは利用限度額の範囲内ならいくら利用しても支払金額は毎月一定になることである。分割払い同様、利用するには若干の金利がかかる。

レンタル
設備機械や消費財の一時的使用を目的とした賃貸借形態。レンタル業はリースとともに物品賃貸業に属するが、レンタル物件の在庫を抱え、それを不特定多数のユーザーに、比較的短い期間繰り返して賃貸するものである。

ローン
貸し金。融資。住宅ローンや自動車ローンといった使途目的による融資のほか、使途目的限定しないフリーローンもある。返済期間が長く、金額も大きく担保を要するもの(例えば住宅ローン)は金利が低く、短期で小口・無担保のもの(例えばカードローン)は金利が高めになる。

和議
法的整理手続きの1つで、和議法による再建型の手続き。債務者に破産原因が生じた場合に破産を予防することを目的とする手続きであるが、2000(平成12)年4月1日施行の民事再生法により廃止された。

和解
当事者どうしが対立する利益主張を譲り合って、その間の紛争を解決することを約束する契約。訴訟における和解は「当事者間が互いに譲歩し、その間に存する争いを止めることを約すること」によってその効力を生じ(民法695条)、和解が成立すると、その後反論が出てきても権利・義務は和解で決めたとおりとなる(民法696条)。民事訴訟では、訴訟の進行中に行なわれる「訴訟上の和解」とお、訴訟を提起する前に行われる「訴訟前の和解」とがあり、両者併せて「裁判上の和解」と呼ばれている。どちらも裁判官の面前で行なわれ、和解調書が作成され、確定判決と同一の効力をもつ。

お金を賢く借りる

キャッシング用語集

キャッシング用語集

融資残高トップ3

大手消費者金融業者の中で、融資残高が多い3社をピックアップしています。ここの3社は、利用者にとって、借りやすい、人気がある、などの側面があります。

1位 アコム
2位 武富士
3位 アイフル

Copyright © 2006 お金借りる方法deリッチ. All rights reserved